パナソニック 3.1ch ホームシアターシステム 【SC-HTB900-K】

SC-HTB900-K

92,000円(内税)

購入数

テクニクスの高音質テクノロジーを初搭載!
臨場感あふれる3Dサラウンドが楽しめるシアターバー


◆迫力の映像と一体化する臨場感あふれるサウンド「Tuned by Technics」
官能評価、独自の音響解析システムによるチューニングで、音楽・映画・スポーツなど様々なコンテンツを、臨場感あふれるノイズや歪みのないクリアなサウンドで実現しています。

◆DTS:X/Virtual:X対応。ドルビーアトモスにも対応し立体音響が楽しめる
ドルビーアトモス、DTS:X/Virtual:Xなどの音声処理技術に対応。
トップスピーカーを設置せずに縦横無尽に動く物体の移動感やリアルな臨場感のある3Dサラウンドがコンパクトな本体一つで体感できます。

◆世界最高クラスのコンサートホールを忠実に再現した「Berlin Philharmonic Hall Mode」を搭載
ベルリン・フィルの本拠地「フィルハーモニー」の音場を忠実に再現した「Berlin Philharmonic Hall Mode」は「デジタル・コンサートホール」の視聴に最適


■ 仕 様 ■
消費電力
本体:39W
アリティブサブウーファー:48W
電源切(スタンバイ)時の消費電力
本体:0.3W(NetworkStandby「切」)、2.0W(無線/有線LAN使用時にNetworkStandby「入」)
アクティブサブウーファー:0.3W(電源切時)、0.6W(無線接続切時)
電源:AC100V(50/60Hz)
寸法
本体:(幅)1050×(高さ)78×(奥行)129mm※テーブル置き時
   (幅)1050×(高さ)89×(奥行)133mm※壁掛け時
アクティブサブウーファー:(幅)180×(高さ)408×(奥行)306mm
質量
本体:約6.0kg
アクティブサブウーファー:約5.4kg
実用最大出力合計値:505W(非同時駆動、JEITA)
実用最大出力(非同時駆動、JEITA)
フロント(左/右):85W+85W(1kHz、4Ω、T.H.D10%、20kHz LPF)
センター:85W(1kHz、4Ω、T.H.D10%、20kHz LPF)
サブウーファー:250W(100Hz、8Ω、T.H.D10%、20kHz LPF)
入出力端子:HDMI入力×2、光デジタル入力×1、HDMI出力(ARC対応)×1、LAN端子、Irシステム
スピーカーユニット
フロントスピーカー:6.5cmコーン型ウーファー×2/ch、1.6cmドーム型ツィーター×1/ch
センタースピーカー:6.5cmコーン型フルレンジ×2ch
アクティブサブウーファー:16cmコーン型ウーファー×1
Bluetooth部
バージョン:Ver4.2
送信出力:Class2
対応プロファイル:A2DP/AVRCP
通信方式:2.4GHz Band FH-SS
見通し通信距離:約10m
対応コーデック:AAC、SBC
ワイヤレス接続:Chromecast built-in対応、Googleアシスタント対応

イメージはありません。

レビューはありません。

カテゴリーから探す